PAGE MENU

エンジニアリング・レポート

エンジニアリング・レポートは、建築物、設備、環境等に関する専門知識を有する技術者が行う、
不動産のリスクに関する状況の調査報告書です。
不動産の証券化や売買の際に、デュー・ディリジェンスの一部として行われます。
image
ハウスプラスのエンジニアリング・レポートは、BELCAのガイドライン※に準拠して作成します。
※不動産投資・取引におけるエンジニアリング・レポート作成に係るガイドライン(2011年版)
編集:公益社団法人ロングライフビル推進協会(BELCA)
ハウスプラスのエンジニアリング・レポートは、

(1)国土交通大臣指定の確認検査機関として、公正中立な視点から調査を行います。
(2)確認検査員・一級建築士・構造設計一級建築士・設備設計一級建築士等の多分野にわたる専門家が、
経験や技術力を活かして多角的に調査を行います 。

エンジニアリング・レポート 標準メニュー

  • 建物状況調査

    建物や擁壁等について、劣化状況や施工状況等を調査します。

  • 遵法性調査

    建築基準法や関係法令への適合性を調査します。

  • 修繕更新費用の算定

    修繕や更新の際に必要となる費用を算定します。

  • 再調達価格の算定

    同程度の建築物を新築する場合の、一般的な建設費の想定額を算定します。

  • 建物環境リスク評価

    建物環境の汚染の現状や将来の状況悪化の可能性を評価します。

  • 土壌汚染リスク評価

    土壌汚染の現状や将来の状況悪化の可能性を評価します。

  • 地震リスク評価

    地震による経済的損失として、地震PMLを算定します。

お客様のご要望に応じて、標準メニューから調査項目を抜粋して実施することも可能です。

エンジニアリング・レポート 業務の流れ

image
対象建築物 全ての建築物・設備・工作物
業務区域 全国
調査料金 調査項目・建設地・建設概要等に応じてお見積いたします

お問い合わせ先

ハウスプラス確認検査株式会社 企画室 デュー・ディリジェンスグループ

Tel:03-5962-3830
kakunin@houseplus.co.jp