PAGE MENU

基準日の届出手続きについて

届出内容

 新築住宅を引渡した建設業者様、または、宅建業者様は、年に2回の基準日(毎年3月31日および9月30日)ごとに、保険や供託の状況について、基準日から3週間以内(4月21日、10月21日まで)に、届出手続きを行うことが、住宅瑕疵担保履行法にて義務付けられています。

届出概要

■届出時期
 基準日(毎年3月31日および9月30日)から3週間以内
 (毎年「4月1日から21日※」および「10月1日から21日※」となります)
 ※休日の場合は、翌営業日
■届出先
 建設業の許可、または、宅地建物取引業の免許を受けた行政庁
 (国土交通省地方整備局等、都道府県)
≪ご注意≫
●建設業許可と宅地建物取引業免許を双方お持ちの事業者様は、以下それぞれのお手続きが必要です
 【請負契約に基づき引き渡した新築住宅】建設業者として届出手続き
 【売買契約に基づき引き渡した新築住宅】宅地建物取引業者として届出手続き

●基準日時点で引渡実績が無い事業者様は、平成21年10月1日以降に引渡実績がある場合、届出対象期間内に引渡実績が
 0件であっても、0件である旨の届出手続きが必要です

保険契約締結証明書

 ハウスプラスすまい保険(住宅瑕疵担保責任保険)の保険証券発行済の住宅について、各基準日分の保険契約締結証明書に戸数を記載いたします。
 お引渡済(または予定)の新築住宅については、各基準日前までに保険証券発行が完了するようにお手続きください。
 ※各基準日直前は、保険証券発行のお手続きが大変混み合います。余裕をもってお手続きください。

★詳しくは、「よくあるご質問」ページの『基準日の届出手続きについて』をご覧ください。