PAGE MENU

木造軸組工法及び枠組壁工法耐力壁の性能評価のご案内

ハウスプラスでは、木造軸組工法および枠組壁工法に用いる耐力壁の壁倍率の性能評価業務を実施しています。 壁倍率算定等の評価は、学識経験者により構成する木質構造委員会で行います。 
業務範囲
性能分野 省令第59条の区分 性能評価項目
構造安定性能Ⅱ 11 木造軸組工法耐力壁 (建築基準法施行令第46条第42項表1(ハ)項の認定に係る性能評価)
24 枠組壁工法耐力壁 (建築基準法施行規則第8条の3の認定に係る性能評価)

※「指定性能評価機関」では、構造試験の結果に基づいて審査を行い、国土交通大臣が行う構造方法の認定に必要な性能評価書を交付します。

性能評価のながれ
image

※1)試験計画をご提案ください。予めおおよその試験方法、試験日程を打合せ致します。
※2)試験体の搬入・組立・撤去は申請者が実施してください。
※3)進捗状況等のお問い合せはいたしかねます。
※サービスの流れの詳しい内容は、ダウンロードコーナー(申請要領)をご覧ください。
※評価書交付までの期間は試験の実施時期、試験結果、指摘事項への対応状況等により変動します。
※大臣認定の申請期間は国土交通省の審査状況により変動します。予め十分な申請期間をご検討ください。

木質構造委員会(月1回開催)

委員長 大橋好光 東京都市大学教授
副委員長 坂田弘安 東京工業大学教授
委員 小野 泰 ものつくり大学教授
委員 前川 秀幸 職業能力開発総合大学校准教授
委員 中島 史郎 宇都宮大学教授