HOME > ハウスプラスのサービス > 既存住宅・リフォーム工事向け瑕疵保険 > 既存住宅販売かし保険または個人間売買瑕疵保証保険における「保険付保証明書」の税制特例の証明書類としての活用

既存住宅販売かし保険または個人間売買瑕疵保証保険における「保険付保証明書」の税制特例の証明書類としての活用

既存住宅販売かし保険または個人間売買瑕疵保証保険における保険付保証明書について、平成25年度税制優遇措置を受ける際の証明書類としてご利用いただけることになりました。

1.平成25年度税制改正について

  • (1)住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除の適用を受けられる既存住宅
  • (2)特定の居住用財産の買換え及び交換の場合の長期譲渡所得の課税の特例の適用を受けられる既存住宅
  • (3)直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税等の適用を受けられる既存住宅
  • (4)住宅用家屋の所有権の移転登記又は住宅取得資金の貸付け等に係る抵当権の設定登記に対する登録免許税の税率の軽減措置の適用を受けられる既存住宅
  • (5)既存住宅に係る不動産取得税の課税標準の特例措置及び既存住宅の用に供する土地に係る不動産取得税の減額措置の適用を受けられる既存住宅

上記に関し、築20年超の非耐火建築物及び築25年超の耐火建築物((2)については築25年超の耐火建築物、 (5)については昭和56年12月31日以前に新築された住宅)について、地震に対する安全上必要な構造方法 に関する技術的基準又はこれに準ずるものに適合する一定の既存住宅であることを証する書類の範囲に、家 屋が既存住宅販売かし保険または個人間売買瑕疵保証保険に加入していることを証する書類(加入後2年内の ものに限る。)が追加されました。

2.既存住宅販売かし保険または個人間売買瑕疵保証保険における保険付保証明書とは

  • 既存住宅販売かし保険または個人間売買瑕疵保証保険に加入していることを証する書類は、具体的には、住宅瑕疵担保責任保険法人が発行する既存住宅販売かし保険または個人間売買瑕疵保証保険の保険付保証明書または保険加入証明書(以下「保険付保証明書」といいます。)となります。

  • 保険付保証明書とは、既存住宅販売かし保険または個人間売買瑕疵保証保険が締結されていることを証する書類です。

  • 既存住宅販売かし保険または個人間売買瑕疵保証保険を締結した場合に、保険契約者(宅建業者または検査会社)からの申請に基づき、保険契約者を通じて住宅取得者(買主)に交付されます。

3.既存住宅販売かし保険または個人間売買瑕疵保証保険における保険付保証明書の様式、発行手続き等について

  • (1)保険付保証明書の様式
  • ・既存住宅販売かし保険 ⇒ pdf(2013年8月20日までの発行分はこちら ⇒pdf
    ・個人間売買瑕疵保証保険 ⇒ pdf(2013年8月20日までの発行分はこちら ⇒pdf
  • (2)保険付保証明書の発行手続き
  • ・既存住宅販売かし保険 ⇒ こちら
    ・個人間売買瑕疵保証保険 ⇒ pdf
  • (3)発行にかかる日数
    ・ハウスプラスまでお問合せ願います。
  • (4)保険付保証明書を紛失した場合の再発行手続き
    ・ハウスプラスまでお問合せ願います。
  • (5)税制優遇措置に関する保険付保証明書の扱いについてご注意いただきたいこと  ⇒ pdf
※売主が宅建業者ではない場合の保険(個人間売買瑕疵保証保険)の詳細等につきましては、ハウスプラスまでお問合せ願います。

(参考)税に関するお問い合わせ先

ページTOPへ戻る
 
ハウスプラス住宅保証株式会社ハウスプラス確認検査株式会社

住宅性能表示既存住宅の検査住宅瑕疵担保責任保険長期優良住宅にかかる技術的審査
フラット35適合証明検査建築確認検査構造計算適合性判定
超高層建築物等の構造評定CASBEE評価認証業務超高層建築物等の構造特別評価木質構造試験・評価
ダウンロードコーナーアピールツールのご案内住宅履歴情報蓄積サービス