超高層建築物等の構造特別評価

業務のながれ
業務のながれイラスト

※1) 性能評価図書及び別添・別表(別紙)の作成方法は、ダウンロードコーナー(申請要領)をご覧ください。
※2) 指摘事項回答書V及び追加検討書Vは、必要が生じた場合にのみ作成してください。
※3) 大臣認定申請書、委任状、印紙、別添別表(別紙)は、ハウスプラスに大臣認定申請の代行を依頼される場合にのみ必要となります。
※  サービスの流れの詳しい内容は、ダウンロードコーナー(申請要領)をご覧ください。
※  構造評定・構造特別評価の審査期間1ヶ月は、標準期間となります。詳細な審査が必要となる物件に関しては、1ヶ月以上の審査期間が必要となる場合もあります。
※大臣認定書受け渡し後、1ヶ月以内に最終正本、副本2部をご提出ください。
※大臣認定の申請期間は、1ヶ月〜1ヵ月半を目安とお考えください。国土交通省の審査状況により、これ以上の申請期間が必要となる場合があります。

ページTOPへ戻る
 
ハウスプラス住宅保証株式会社ハウスプラス確認検査株式会社

住宅性能表示既存住宅の検査住宅瑕疵担保責任保険長期優良住宅にかかる技術的審査
フラット35適合証明検査建築確認検査構造計算適合性判定
超高層建築物等の構造評定CASBEE評価認証業務超高層建築物等の構造特別評価木質構造試験・評価
ダウンロードコーナーアピールツールのご案内住宅履歴情報蓄積サービス